2008年 02月 07日

黄昏時の雨

f0055285_412554.jpg



            沈む太陽のない、冬のどんよりとした空から落ちる冷たい雨は
            傘のない私のジャケットを濡らし、心まで沁みる。
            それでも私は、カメラを構え、行過ぎる人を、街を、写す。
            君が居ない心の空虚を、無意味な情景で埋めるために。
[PR]

by kumasann2001 | 2008-02-07 04:12 | 想い


     単車 >>